エルカ

ポケモン

【S14使用構築】ミミロップ軸ぶっ56スタン【最高2004】

f:id:erukapoke:20190402064929p:image

【構築経緯】

 前季、ミラーコートミミロップカプ・テテフが56されたことが原因でミミロップに殺意を持っていた為、ミミロップ軸に安定して勝てる3体の並びから組み始めた。

 

 ミミロップ軸に対する解答としてミミロップに強いカプ・テテフを通していくのが単純かつ強力だと思った。だがミミロップの裏にいる鋼(テッカグヤギルガルド)に不利を取ってしまう。そこで、これらのポケモンと対面したときに圧倒的に有利な状況を作り出せるリザードンを採用。カプ・テテフリザードンだけでは釣り出し前提の立ち回りになってしまうため、安定したクッション性能から対面操作を行えるランドロスを採用。リザードンのメガに関してだが、ミミロップ軸はミミロップ+鋼+水@3で構成されていることが多いと感じたこと、テテフリザランドという有名な並びを利用してリザードンXへの偽装が行えそうであったことからリザードンYで採用した。

 この3体で対応できそうにない部分への解答、カプ・テテフを通す為の崩しをなるべく設けることを意識して、残りの3枠を埋めていった。まず、この3体では数値受け(特にHDポリゴン2)に対して無力であったため、ポリゴン2を起点に相手のポケモンを制圧していけそうなバンギラスをZ枠で採用。バンギラスだけで受けサイクルを全壊させることは難しいこと、リザードンを出し難い受けループへ選出する裏メガ枠が欲しかったことからゲンガーを採用。最後にここまでで重めのバシャーモメタグロス、ステロ巻きへの牽制、バンギラスが出せない時の崩しとしてゲッコウガを2体目のZ枠とした。

 

【コンセプト】

1.ミミロップ軸に勝つ

2.周りで崩してカプ・テテフを通す

3.ランドロスの対面操作から強力なZ枠を通す

 

【詳細】

カプ・テテフ@拘りスカーフ

f:id:erukapoke:20190402074715j:image

実数値:145-×-96(4)-200(252)-135-147(252)

特性:サイコフィールド     性格:控えめ

技:サイコキネシス/サイコショック/ムーンフォース/シャドーボール

 

ミミロップやゲンガーを上から倒せるスカーフでの採用。使用感としてはいつもと変わらず、裏のポケモンと合わせて役割集中ができたり、鋼を誘うことができたり、鋼を崩した後のスイープ性能が高かったりと単純かつ強力な印象。かわいい。

 

リザードン@リザードナイトY

f:id:erukapoke:20190402080208j:image

実数値:177(188)-111-101(20)-218(156)-136(4)-138(140)

特性:猛火→日照り     性格:控えめ

技:ニトロチャージ/火炎放射/ソーラービーム/目覚めるパワー(氷)

 

調整に関して

HB:ミミロップ猫騙し+恩返しを確定耐え

S:+1で最速ミミロップ抜き

C:余

 今回はコンセプト上の理由でYでの採用となった。火炎放射にしている関係で出来るだけ火力が欲しかった為、耐久にはあまり割けなかったが、特殊なら殆ど1発は耐えるし物理に関してもマンダの恩返しくらいは耐えるのでそこそこの対面性能はあった。

 並び的にXで決め打ってくる人がかなり多く、レート終盤においてもこのポケモンを初手に出すだけで壊滅する選出をされることが多かった。easy winを量産してくれたのでYにしたのは正解だった。

 

ランドロス@ゴツゴツメット

f:id:erukapoke:20190402082335j:image

実数値:195(244)-166(4)-156(252)-126(4)-101(4)-99

特性:威嚇     性格:呑気

技:どくどく/地震/蜻蛉返り/目覚めるパワー(氷)

 

 ミミロップやガルーラに圧力をかけたかったのでゴツゴツメットでの採用とした。構築で重めのカビゴンポリゴン2に刺すためにどくどくを搭載しているが、岩石封じが欲しい場面が多かったため変更したほうが良かったかもしれない。ボーマンダを舐めてる構築なので目覚めるパワーは必須だった。この構築において他の5体とかなり相性の良いクッション枠で選出しない試合が殆どなかった優秀なおじさん。

 

バンギラス@悪Z

f:id:erukapoke:20190402083808j:image

実数値:175-204(252)-130-×-121(4)-113(252)

特性:砂起こし     性格:意地っ張り

技:龍の舞/挑発/噛み砕く/ストーンエッジ

 

 メインのZ枠。ガルドやカバルドンへの通りを考慮して悪Zとした。エッジを外すのが恐いため岩Zにしようと思ったが、この個体は一度もエッジを外さなかったので終始悪Zで使っていた。2000チャレの時にはエッジを3連続で当てて決めてくれた。有利対面を作った時の破壊力が高くテテフやゲンガーとの相性も良いのでかなり信用していた。今季の受けサイクル対策枠で、ゲンガーで予め数を減らしておくと試合がすぐ終わるのでストレスフリーな対戦ができる。かっこいい。

 

ゲッコウガ@水Z

f:id:erukapoke:20190402085238j:image

実数値:147-×-88(4)-155(252)-91-191(252)

特性:激流     性格:臆病

技:身代わり/ハイドロカノン/波乗り/水手裏剣

 

 2体目のZ枠。バシャーモ入りやステロ展開に初手から圧をかけることができ、バンギラスを出し難い時にも受け崩しを行えるように激流で採用した。構築で重めのカビゴンに勝てるのも偉い。いつも使ってる挑発搭載型だとバシャーモが重すぎたので手裏剣に変更。この個体は極端にムラがあって手裏剣を当てる回数が2回か5回の2パターンしかなかった。因みにバシャーモに打った手裏剣は全て2回だった💩

 

ゲンガー@ゲンガナイト

f:id:erukapoke:20190402091539j:image

実数値:165(236)-×-102(12)-191(4)-116(4)-200(252)

特性:呪われボディ→影踏み     性格:臆病

技:守る/滅びの歌/道連れ/シャドーボール

 

 一番好きなポケモンの一番好きな型。受け回しに強いという明確な理由で構築に入ってきたように思えるが、実際は好きだから入れた。カプ・テテフゲッコウガバンギラスを通す際に邪魔になってくるポケモンを無理矢理排除できる便利屋。受け回しにはバンギラスと一緒に選出すると試合のテンポが良くなるうえにほぼ勝てるので対戦しててストレスが溜まらない。かわいい。つよい。すき。

 

【最後に】

 

最高

f:id:erukapoke:20190402094855j:image

最終:4

 

今季の目標として

1.ゲンガーと2000に到達する

2.2000から1回以上対戦する

の2つがあったが両方達成することができ、ミミロップ軸にも負けなかったので個人的には満足のいくシーズンだった。ただ、今季はミミロップ軸が環境に少なかったので少し残念だった。来シーズン以降はゲンガーと2100を目指すつもり。

 

当たった方、対戦ありがとうございました。